三単現のSを忘れがちな副詞を使った文


Hello everyone!
 
基礎英文法★三単現のSを忘れがちな副詞を使った文
 
久々文法小話シリーズ。
 
英語日記を添削していても、ワークブックを
チェックしていてもよくあるミスNo10には入る
ものです。
三単現は三人称、単数、現在の主語。
つまりHe, She, Itが主語になり、現在の場合に
動詞にSがつく、という文法ルールです。
 
三単現のSって別になくても意味はわかるのですが
ないと、抜けるとなんか落ち着かず、
キモち悪い、そんな間違いです。
特に忘れがち!なのが・・
 
頻度を表す副詞を使った文
です。
 
例えば
I always have some coffee in the morning.
私はいつも朝、コーヒーを飲みます。
と、これはOK!ですよね。
 
これが彼女になると
She always has some coffee in the morning.
 
にならなくてはいけません。
have がhas、です。
 
生徒さんがよう言うのが
alwaysにSがついてるので
これではダメですか?
→ダメです(笑
 
always のSは三単現のSじゃないので!!
一語の副詞なので!!!
 
そこにSがあるから忘れがち、と
そういうんです。OH NO!
 
always, が来ても三単現のSは
忘れないでくださいね♡

Sally's English Lesson

Hi, I'm Sally.神林サリーです♪ バイリンガルの英語講師として 英会話個人レッスン、出張トレ、セミナー、 講演会、学習相談、カウンセリングなどを 行っております。 独自の徹底的な英語口頭トレーニングと、 自宅学習指導により あなたをバイリンガルにいたします。 英語学習本出版累計12万部突破。 新刊「たったひとことでモテる英語の伝え方」 最新刊「ぜんぜん英語が話せない 汗!」 発売中♪

0コメント

  • 1000 / 1000